読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄ブログ

最近ほかの人のブログばかり読んでて更新が進まない駄文を並べるためのブログ

つまり天皇陛下の「お気持ちの表明」って、まとめるとこういうこと?

天皇陛下の「お気持ち表明」を少し分かりやすいように書換えてみた

天皇という立場上、その制度について言及することは控えますが、個人としてここ数年で考えたことを話します。

私は即位以来、天皇や皇室といったもののあり方について、いろいろと考えてきました。

そしてここ数年は、自身の高齢による体力の低下で務めを果たすことに困難を感じ、これからどうすることが国や国民、そしてこれからの皇族にとって良いことなのかといったことも考えています。

幸い今は元気ですが、今後はさらに体が衰えていくことも考慮すると、これまでのように天皇としての務めを果たしていくのは困難に感じられます。

これまで日本各地を旅して国民に接してきたり、国事行為を行ったりしてきましたが、これらを縮小することで天皇の高齢化に対処しようとするのも無理があるように思われ。

また、代行として摂政を置くという方法も考えられますが、その場合けっきょく務めを全うできない状況のまま、生涯を天皇であり続けることになるわけで。

そんな中で重篤な病気になるようなことがあれば、やはり社会や国民生活に大きな影響を及ぼし、さらに天皇のままで死ぬようなことになったら、約1年間も喪の行事などが執り行われることになります。

そういった行事は、関係者や残された家族にとって大きな負担となることが予想されますが、私はそういった事態を避けたいとも考えているのです。

私はこのような考えで、これからの国の未来と天皇や皇室のありようを思いつつ、今回お話をさせて頂きました。

天皇という立場なので、国政に立ち入るような意見を述べることはできませんが、どうかこの思いをご理解頂けるよう願っています。

つまりもっとブッチャケると

私も歳とって体力的にも不安を感じてきたんで、この際だから「生前退位」ってのを制度として確立するように検討してもらえないかな?

そのほうが、自分にとっても今後の皇室にとっても、もちろん政治や社会や国民にとっても良いと思うよ。

立場上あんまりハッキリとは言えないけど、よろしく頼むよ!

おわりに

「生前退位」ってのにどんな不都合があるのか詳しくは知らないんですが、まずは憲法の内容との兼ね合いが難しいんでしょうね。

憲法改正ってことになると、いろいろと厄介でしょうから。

とはいえ天皇陛下もかなりの高齢だし、普通の社会人ならとっくに退職したり引退したりしてノンビリ暮らしてもいい年なんでしょうから、いい加減ユックリさせてあげればいいのにと思いますよ。

まぁこういった声明を公開するってことは、おおかた「生前退位」の方向に進める段取りができてるんでしょうが。

早く天皇陛下にも、ノンビリとした老後を過ごせるようになって頂きたいですね。

といったところで、今回はいじょ!

広告を非表示にする