読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄ブログ

最近ほかの人のブログばかり読んでて更新が進まない駄文を並べるためのブログ

トイレットペーパーについての大きなお世話

雑記

f:id:jrockford:20160813163152p:plain

トイレットペーパーのミシン目は大きなお世話

ほとんどのトイレットペーパーに、なぜかミシン目があります。

本当の理由は分からないけれども、おそらく切りやすいようにというメーカーの配慮なんでしょうね。

しかしここでハッキリ言おう、大きなお世話なのである。

久しぶりに会った知り合いの「あれ?太った?」という一言と同じくらい、大きなお世話なのである。

だいたい20cm前後の間隔でミシン目が付いてるようですが、それに合わせた長さで使うようにという無言の圧力さえ感じます。

私は、私の望む長さでトイレットペーパーを使いたんですよ。

変にミシン目が入ってたりするせいで、意図しないところで切れてしまったりして、とても困るんですよね。

そもそもトイレットペーパーを使うときに、いちいち正確に長さとか考えませんから。

クルクルクルッと適当に感覚的に巻き取って、ホルダで押さえてピッと気持ち良く切り取りたいんですよ。

それなのにミシン目のところで、意図しない長さで中途半端に切れたりしたときには、たちまち気分を害してしまいます。

出すもの出してスッキリした良い気分になりたい場所で、こんな不愉快な気分にさせられるのは、ホントに納得いきませんね。

トイレットペーパーのダブルロールも大きなお世話

ついでに言わせてもらうならば、私はダブルロールというのにも納得がいきません。

どうも世間はダブルロール、つまり2枚重ねになってるトイレットペーパーが主流のようで、シングルロールの商品は小さな店なんかだと置いてないことさえあるんですよ。

この2枚重ねってやつも、おそらくメーカーの何かしらの配慮なんでしょうが。

私にとっては、これも大きなお世話なんです。

「まだ独身でいるつもりですか?」と聞いてくるスパムメールと同じくらい、大きなお世話なんですよ。

私には私の、適切なトイレットペーパーの重ね具合ってものがあるんです。

それはトイレットペーパーの紙質や厚さなんかによって、偶数枚のときもあれば奇数枚のときもあるんですね。

ですから、ここは7枚重ねがベストだなってときにダブルロールだったりすると、6枚か8枚のどちらかしか選択肢が無くて愕然としてしまうんです。

そういうときは少ない方を選ぶというのは考えられませんから、しかたなく8枚を選ばざるを得ないんですが。

これはつまり、トイレットペーパーを余計に使わせようとするメーカーの作戦とも考えられますよね。

私はそんな計略にはめられるつもりはありませんから、今日もドラッグストアにシングルロールのトイレットペーパーを買いに行くわけです。

まとめ

トイレットペーパーのミシン目やダブルロールに限らず、世の中には大きなお世話と思えることがイロイロありますが。

それらの中には、実は秘かに客に消費を促して、儲けようとする資本主義の計略なんかが潜んでたりするんですね。

ところで、アナタはそんな計略に乗せられて、まだダブルロールを使い続けますか?

私はみんながシングルロールのトイレットペーパーを使うようになって、今のダブルロール優勢の世の中が逆転する日が来ることを心から願っています。

といったところで、今回はいじょ!

広告を非表示にする