読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄ブログ

最近ほかの人のブログばかり読んでて更新が進まない駄文を並べるためのブログ

地下鉄の駅の階段で見知らぬOLのお尻に顔をうずめた話

雑記

突然ですが、アナタは見ず知らずのOLのお尻の谷間に顔をうずめたことがありますか?

私は、あります!(キリッ)

あれは今日のような雨の降る日の、地下鉄の駅でのことでした。

改札を出て地上への出口へ向かう狭い通路を歩きながら、私は折り畳み傘をカバンから取り出そうとしてたんです。

あまり、足元に注意がいってなかったんでしょうね。

3段ほどある小さな階段を上がるときに、靴のつま先がその角の所に引っかかったんですよ。

つんのめるようにして転びそうになった私は、階段に手をついて体を支えようとしたんですが。

その手が階段につく前に、顔のほうが包まれるような感触と共に何かにぶつかりました。

「モフッ!」というような柔らかな音が、いゃ音はしなかったんですが、そんな印象のぶつかり方だったんです。

とたんに、小さな「キャッ!」というような声がしたんですが。

気づくと私は、前を歩いていたうら若きOLの、ちょうどお尻の割れ目の部分に顔をうずめていたんですね。

f:id:jrockford:20160913191344j:plain

相手もビックリしたでしょうが私もビックリしまして、あわてて体を起こしました。

「すみません、すみません!」

とシドロモドロで謝りながら、ナゼこんな事態になったのか説明をしようとしましたが。

説明などしなくても、相手のほうも事情が分かったようで。

しかも朝の通勤ラッシュで人の流れも激しく、地下鉄の駅の通路で話し込んでられる余裕も無く。

それより何より、見も知らない男の顔が自分のお尻にうずめられたというコトが、うら若き乙女にとって羞恥にあたることだったのでしょう。

「いぇ・・・」と小さく答えて、そのOLさんは小走りに去っていきました。

ここでハッキリ言っておきますが、断じて私はわざとそうしたわけではありません。

事故だったんです!

確かに、そのお尻の持ち主がオッサンではなく、少し可愛い感じのOLだったことには不幸中の幸いと感謝はしましたが。

その後しばらく顔に残ったディープインパクトの感触に、何となく説明のしにくい余韻を感じはしましたが。

でもでも、あくまで事故だったんですよ。

とても避けようのない、怖ろしい事故でした・・・

これから秋雨前線の影響で、雨の降る日が続くようですが。

皆さんも足元、特に濡れた駅の階段には気をつけるようにしましょうね。

といったところで、今回はいじょ!


コチラの記事もどうぞ!

jrockford.hatenablog.com

jrockford.hatenablog.com

広告を非表示にする