読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄ブログ

最近ほかの人のブログばかり読んでて更新が進まない駄文を並べるためのブログ

「犬好き」とか「猫好き」とか言うよりも「女好き」と言いたい

f:id:jrockford:20160823211615j:plain

「犬好き」ですか「猫好き」ですか?

私の場合、「犬好き」か「猫好き」かと聞かれるとチョット答えに困ってしまうのですが。

というのも、「どちらも好きといえば好き」だし、「そうでもないといえばそうでもない」と思うわけで。

つまり実際に目の前に犬や猫がいた場合、そいつが私に好意的かどうかで好きか嫌いが決まるんですね。

まぁ筋金入りの「犬好き」「猫好き」なら、相手の態度がどうあれ“ムツゴロウさん”ばりに「ヨーシヨシ!」と可愛いがるのかもしれませんが。

普通は誰でも程度の差こそあれ、犬でも猫でもなついてくるヤツは可愛いと思いますし、爪だの牙だのむいてくるヤツには近寄りたいとは思いませんよね。

それに、私もたまにYoutubeなんかで「可愛い犬猫動画」なんかを観るんですが、そういうのは素直に可愛いなーって思います。

ですから「犬好き」か「猫好き」かと聞かれると、とりあえず「可愛ければどちらも好き」とか答えたりするんですが。

とにかくどう答えたにせよ、人間性をアレコレ批判されることはありませんよね。

あるいは、「猫のほうが可愛い」だの「犬のほうが利口」だのといった論争になる場合もあるかも知れませんが。

どちらが好きだとか、どちらも嫌いだとかということで、白い目で見られたりすることは無いでしょう。

それに、「私は犬好きです」とか「猫好きです」とか公言したところで、当然ながら何も問題はありません。

「女好き」ですか?

さてそれでは、私が知り合いに対して「私は“女好き”です」と言ったとしましょう。

まぁその知り合いが男の場合は、あまりどうということも無いかも知れません。

しかし女性だった場合、ちょっと問題があります。

なぜなら、ここで「女好き」の意味を三省堂大辞林で調べてみますと、

1.男の容姿・気性が女の気持ちをひきつけること。

2.男が女との情事を好むこと。また,その男。

となってまして。

ここで私が言う「女好き」というのは、ほぼ間違い無く“2”のほうの意味で理解されるわけで。

そうすると女性の視点では、私は好ましくないタイプの男となりますよね。

なぜなら普通の女性は、自分のことを「女との情事を好む」男だと言うようなヤツには警戒心しか持てないものですからね。

でも待ってください、違うんです、違うんですよ!

「犬好き」「猫好き」「女好き」

私が言ってる「女好き」というのは、「犬好き」とか「猫好き」と同じような意味なんです。

つまり、皆が「猫が好き」とか「犬が好き」とか言うのと同じ感覚で、「女性が好き」と言ってるんですよ。

そこ、勘違いしないで欲しいなぁ。

いゃ女性を犬・猫と同じレベルで語ってる時点で、男としても人間としても失格とか言われるかも知れませんが。

そこは、「同じ生き物として、地球上に生きてるものすべてみな同じ命なんだ!」という広い心で受け止めて頂ければなと。

ですから仮に、仮にですよ。

私がキャバクラに行って「キャッキャ、キャッキャ」したとしても、それは猫好きの人が猫カフェに行って「キャッキャ、キャッキャ」するのと同じなんですね。

決して、イヤラシイことでもスケベったらしいことでもないんです。

決して!

まとめ

というわけで私が言いたいのは、辞書に「女好き」の3番目の意味として、

3.濁りの無い純粋な気持ちで女性が好きな男。

とか入れて欲しいんですよ。

そうすれば私もこれから、ためらうことなく誰はばかることもなく、「私は“女好き”です!」と公言できるようになりますからね。

私のこの思い、何か間違ってるでしょうか?

といったところで、今回はいじょ!

広告を非表示にする