読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄ブログ

最近ほかの人のブログばかり読んでて更新が進まない駄文を並べるためのブログ

簡単に傷つく程度のプライドなら捨ててしまえ

雑記

f:id:jrockford:20160817165301j:plain

プライドなんか持ってたの?

よく「プライドが傷ついた」だとか「傷つけられた」とか言う人いますが。

「プライド」って何でしょね?

元々の英語だと「pride」と書いて、その和訳は以下の通り。

自慢・得意・満足・自尊心・誇り・プライド・うぬぼれ・高慢・思い上がり・自慢のたね

前半はともかく、後半は何だかあまり良い意味で使われてないようですが。

日本語では概ね

誇り・自尊心・自負心

といった意味で使われますよね。

つまり「自分を誇りや名誉に感じる心」だったり、「自分の人格や思想・言動などに自信を持って大切に思う心」ってことです。

ってことは、その「プライド」が傷つくと言うからには、そもそも自分に誇りや自尊心ってものがあるってことですよね。

ホントかよ?

本物のプライドは傷ついたりしない

「男のくせに、この程度の重さの荷物ももてないの?」

「女のくせに、料理ぐらいしろよ」

「5年もこの仕事やってて、そんなことも知らないの?」

そんな程度の言葉で、「傷ついた」だの「傷つけられた」だの言う人。

ホントに、プライドなんか持ってるんですか?

本物のプライド、つまり誇りや自尊心のある人ならば、チョット人に何か言われた程度で、そのプライドが傷ついたりしないもんじゃないの?

それって実はプライドが傷ついたんじゃなくて、自分に自信の無い部分を突かれたってことなんでしょ。

だから、必要以上にショックを受けてるだけなのでは?

つまりホントに傷ついてるのは「プライド」なんかじゃなくて、自分の「弱い部分」なんじゃないでしょうかね。

だったら「傷ついた」だの「傷つけられた」だの言ってないで、その弱い部分を認めてしまいましょうよ。

そして、その弱い部分を補って余りある強みが自分にはあると、自信を持って宣言しましょう。

「重い荷物が持てないからどうした?俺は知性派なんだよ」

「料理はできなくても、仕事はアンタよりできますから」

「そんなこと知らなくても、私は専門性の高い知識についてはアナタより豊富に持ってますよ」

と、平然と言ってのける、あるいは言わなくても心の中で思って、平気でいられる心を持ちましょうよ。

誰にだって、探せば1つや2つは強みってモノがあるはずですから。

おわりに

ちょっとしたことで傷つくような「プライド」なんか本物の「プライド」じゃないですから、そんなものはドブにでも捨ててしまいましょう。

そして、これからは誰にも傷つけられない鋼の、いやダイヤモンド級の強靭な固さの本物の「プライド」を持って生きていきましょうよ。

自分のほうが偉いと勘違いして、言葉で人を貶めることに喜びを感じるようなゲスな連中には、涼しい顔でこう言ってやるんです。

「うるせーよ、ほざいてろバーカ!」

だって、アナタのダイヤモンド級のプライドは、誰にも傷つけたりできないものなんですからね。

え?このブログの記事、ダラダラ長い割に内容無くてつまらない?

「うるせーよ、バーカ!(泣)」

といったところで、今回はいじょ!

広告を非表示にする